震災サポート

報道関係者各位

JJDAは来たる2014年、創立50年を迎えます。1964年の東京オリンピックの年に19名の会員で創立され、現在は会員数440名を越える全国規模の団体となりました。現在まで一貫して素材価値にとらわれない純粋なジュエリーの発展と振興の為の活動を行って参りました。1988年には通商産業省(当時)の許可を受け社団法人になり、2012年には内閣府から認定された公益社団法人になりました。
これまで、あるときは喝采を、あるときはご助言を、あるときはお叱りをいただき、様々な形でJJDAを支えて下さったメディアの皆様に心より御礼申し上げます。2014年1月より2年間を創立50周年記念事業期間とし、2月1日から始まる創立50周年記念展と先行するサテライト展を皮切りに、5月からの公募展、セミナーなど多くの皆様に楽しんで頂けるイベントを行って参ります。
これまでの50年を振り返り、次の50年の新たな展望を考える有意義な2年間にしたいと思います。どうぞこれからのJJDAにご注目いただき、報道方よろしくお願い申し上げます。
2013年10月4日
公益社団法人 日本ジュエリーデザイナー協会 会長 菅沼 知行


報道資料 2013.10.4

JJDA創立50周年記念事業 展覧会開催のご案内
JJDA創立50周年記念展〔ジュエリーの鼓動・この限りない力〕
─日本のジュエリーアート230 in 代官山─

私たち(公社)日本ジュエリーデザイナー協会(JJDA)の会員は日頃、多様な素材と表現技法を用いて、創造的で独自性のあるジュエリーのデザイン・制作に努めています。この記念展には出品者のそうした姿勢と経験が反映されています。
それぞれのジュエリーにはそれぞれのまなざしや背景があり、エピソードを伴って誕生しているはずです。
その鼓動を感じとってください。
ひとつのジュエリーが「装飾のため」のみでなく、身につける人のこころにまで働きかけ、鼓舞することができるとすれば、ほんとうの「たからもの」として、次代まで繋がると信じます。
「ジュエリーの鼓動」はそのような意味をもとに、作者と身につける方が対話できることを願った言葉です。
展示されたジュエリーのきらめく美しさとともに、230名のジュエリーデザイナーによる作品一つ一つに込められた感性や、造形の不思議をお楽しみください。

展覧会名: JJDA創立50周年記念展〔ジュエリーの鼓動・この限りない力〕
主 催: 公益社団法人日本ジュエリーデザイナー協会
会 期: 2014年2月1日(土)〜5日(水)11:00〜19:00
会 場: ヒルサイドテラス アネックスA棟 東京都渋谷区猿楽町29-21
出品内容: ジュエリーデザイナー230名が一人1点 ブローチ、リング、ネックレス等のジュエリーを展示


ブローチ 作者 永井純子
素材:K18YG/WG、カラー&無色ダイヤモンド、宝石サンゴ
[甦る大地]
─地球讃歌─美しい日本。世界は一つ。
この鼓動を胸に今たちあがる。
ブレスレット 作者 須磨富美杷
素材:塩化ビニル樹脂、シルバー
[piacere] 手首を飾る彫刻〜弾む喜びと強さ。
ネックレス 作者 柏原エリナ
素材:LED、アクリル、ステンレスワイヤー、ボタン電池
[Moon phase - 月の位相] 月の満ち欠けを表すネックレスは自ら光を放つ。身に付けた人の胸元で光る月がめぐってゆく。



サテライト展 [ジュエリー未来発見]

展覧会名: JJDA創立50周年記念展 サテライト展 [ジュエリー未来発見]
主 催: 公益社団法人日本ジュエリーデザイナー協会
会 期: 前期 2014年1月28日(火)〜2月2日(日) 11:00〜19:00
後期 2014年2月4日(火)〜2月9日(日) 11:00〜19:00
会 場: ヒルサイドテラスA棟ギャラリー
渋谷区猿楽町29-18ヒルサイドテラスA棟1階
出品内容: 40名のジュエリーデザイナーが2つの会期に分かれ1人約10点ずつジュエリーを展示



いずれも入場無料




このページの先頭へ↑